ホーム » 埼玉県高校偏差値ランキング » 開智未来高校偏差値

開智未来高校偏差値

T未来 S未来 開智
偏差値68 偏差値65 偏差値59
前年比:±0
県内26位
前年比:±0
県内52位
前年比:±0
県内113位

開智未来高校と同レベルの高校

【T未来】:68

さいたま市立浦和高校【普通科】70
浦和西高校【普通科】67
浦和明の星女子高校【普通科】69
越谷北高校【普通科】67
越谷北高校【理数科】68

【S未来】:65

さいたま市立大宮北高校【理数科】63
浦和学院高校【グローバル科】63
浦和学院高校【S特科】63
浦和学院高校【T特科】63
浦和西高校【普通科】67

【開智】:59

さいたま市立大宮北高校【普通科】61
伊奈学園総合高校【スポーツ科学系科】57
伊奈学園総合高校【芸術系科】57
伊奈学園総合高校【語学系科】61
伊奈学園総合高校【情報経営系科】59

開智未来高校の偏差値ランキング

学科 埼玉県内順位 埼玉県内私立順位 全国偏差値順位 全国私立偏差値順位 ランク
T未来 26/431 18/167 302/10241 134/3621 ランクA
S未来 52/431 35/167 657/10241 259/3621 ランクA
開智 113/431 75/167 1581/10241 640/3621 ランクC

開智未来高校の偏差値推移

※本年度から偏差値の算出対象試験を精査しました。過去の偏差値も本年度のやり方で算出していますので以前と異なる場合がございます。
学科2020年2019年2018年2017年2016年
T未来6868686868
S未来6565656565
開智5959595959

開智未来高校に合格できる埼玉県内の偏差値の割合

学科 合格が期待されるの偏差値上位% 割合(何人中に1人)
T未来 3.59% 27.83人
S未来 6.68% 14.97人
開智 18.41% 5.43人

開智未来高校の県内倍率ランキング

タイプ 埼玉県一般入試倍率ランキング
T未来 ?
S未来 ?
開智 ?
※倍率がわかる高校のみのランキングです。学科毎にわからない場合は全学科同じ倍率でランキングしています。

開智未来高校の入試倍率推移

タイプ2020年2019年2018年2017年4357年
一般入試-1.11.11.1-
推薦入試1.02----
※倍率がわかるデータのみ表示しています。

埼玉県と全国の高校偏差値の平均

エリア 高校平均偏差値 公立高校平均偏差値 私立高校偏差値
埼玉県 52.5 49.2 57.8
全国 48.2 48.6 48.8

開智未来高校の埼玉県内と全国平均偏差値との差

学科 埼玉県平均偏差値との差 埼玉県私立平均偏差値との差 全国平均偏差値との差 全国私立平均偏差値との差
T未来 15.5 10.2 19.8 19.2
S未来 12.5 7.2 16.8 16.2
開智 6.5 1.2 10.8 10.2



開智未来高校の主な進学先

立教大学 明治大学 電気通信大学 群馬大学 青山学院大学 東洋大学 成城大学 早稲田大学 首都大学東京 都留文科大学 高崎経済大学 慶應義塾大学 日本大学 成蹊大学 宇都宮大学 千葉大学 東京外国語大学 埼玉県立大学 中央大学 北海道大学

開智未来高校の情報

正式名称 開智未来高等学校
ふりがな かいちみらいこうとうがっこう
所在地 埼玉県加須市麦倉1238
交通アクセス 柳生駅より徒歩20分
電話番号 0280-61-2021
URL
課程
単位制・学年制 学年制
学期 3学期制
男女比
特徴
進学○

開智未来高校のレビュー

(2件)

KK【在校生】
勉強を徹底的にサポート

2020年11月16日
勉強合宿を始め、勉強を徹底してサポートする学校です。授業はわかりやすく、放課後に質問にいった時に、本当に丁寧に教えてもらえます。質問に行って良かったと思え、もっと勉強しようとやる気が出ます。
やる気スイッチを入れるのが、上手な先生が多いように思います。授業のスピードは早いので大変ですが、課題はそれほど多くありません。そこで、部活も頑張って時間の使い方を覚え、集中力をアップする生徒も大勢います。
最寄り駅から距離があり、スクールバスも運行されています。学校の周りに他の施設が少ないので、勉強に集中できる環境が揃っています。
このレビューを2人中1人が評価しています


ペプシマン【保護者】
がんばるのならいい学校

2020年02月20日
学校の方針というところもありますが、部活動は機能しているとはほぼ言えません。
指導力も低い印象ですが、その分進学にはかなり力が入っています。
指定校推薦などはほとんど聞いていませんので、自分の力で頑張っていかなければいけません。
がんばっているという子供には、先生は答えてくれるのが特徴です。
逆に自分の未来は切り開いていくという気概がないと、高校生活は厳しいと感じてしまうでしょう。
なにごとも努力次第という感じがしています。
このレビューを3人中3人が評価しています