ホーム » 滋賀県高校偏差値ランキング » 比叡山高校偏差値

比叡山高校偏差値

Ⅲ類 Ⅱ類 Ⅰ類
偏差値68 偏差値56 偏差値48
前年比:±0
県内6位
前年比:±0
県内20位
前年比:±0
県内38位

比叡山高校と同レベルの高校

【Ⅲ類】:68

幸福の科学学園関西高校【普通科】68
守山高校【普通科】68
石山高校【普通科】68
彦根東高校【普通科】68

【Ⅱ類】:56

河瀬高校【普通科】56
玉川高校【普通科】55
近江兄弟社高校【アーツサイエンス科】55
近江高校【アカデミー科】58
水口東高校【普通科】56

【Ⅰ類】:48

近江兄弟社高校【グローバル科】48
近江兄弟社高校【国際コミュニケーション科】47
近江高校【アドバンス科】50
甲西高校【普通科】50
高島高校【普通科】47

比叡山高校の偏差値ランキング

学科 滋賀県内順位 滋賀県内私立順位 全国偏差値順位 全国私立偏差値順位 ランク
Ⅲ類 6/99 4/33 302/10241 134/3621 ランクA
Ⅱ類 20/99 9/33 2167/10241 906/3621 ランクC
Ⅰ類 38/99 14/33 4374/10241 1767/3621 ランクE

比叡山高校の偏差値推移

※本年度から偏差値の算出対象試験を精査しました。過去の偏差値も本年度のやり方で算出していますので以前と異なる場合がございます。
学科2020年2019年2018年2017年2016年
Ⅲ類6868686868
Ⅱ類5656565656
Ⅰ類4848484848

比叡山高校に合格できる滋賀県内の偏差値の割合

学科 合格が期待されるの偏差値上位% 割合(何人中に1人)
Ⅲ類 3.59% 27.83人
Ⅱ類 27.43% 3.65人
Ⅰ類 57.93% 1.73人

比叡山高校の県内倍率ランキング

タイプ 滋賀県一般入試倍率ランキング
Ⅲ類 ?
Ⅱ類 ?
Ⅰ類 ?
※倍率がわかる高校のみのランキングです。学科毎にわからない場合は全学科同じ倍率でランキングしています。

比叡山高校の入試倍率推移

学科2020年2019年2018年2017年8246年
Ⅲ類[一般入試]-1.31.41.3-
Ⅱ類[一般入試]--1.11.1-
Ⅰ類[一般入試]--1.21.2-
Ⅲ類[推薦入試]1.27----
Ⅱ類[推薦入試]1.06----
Ⅰ類[推薦入試]1.02----
※倍率がわかるデータのみ表示しています。

滋賀県と全国の高校偏差値の平均

エリア 高校平均偏差値 公立高校平均偏差値 私立高校偏差値
滋賀県 48 47.7 48.5
全国 48.2 48.6 48.8

比叡山高校の滋賀県内と全国平均偏差値との差

学科 滋賀県平均偏差値との差 滋賀県私立平均偏差値との差 全国平均偏差値との差 全国私立平均偏差値との差
Ⅲ類 20 19.5 19.8 19.2
Ⅱ類 8 7.5 7.8 7.2
Ⅰ類 0 -0.5 -0.2 -0.8



比叡山高校の主な進学先

龍谷大学 佛教大学 京都橘大学 立命館大学 京都産業大学 同志社大学 関西大学 滋賀県立大学 大谷大学 関西外国語大学 京都文教大学 近畿大学 京都精華大学 京都ノートルダム女子大学 同志社女子大学 京都工芸繊維大学 京都外国語大学 滋賀大学 関西学院大学 北海道大学

比叡山高校の出身有名人

唐渡亮(俳優)
土平ドンペイ(俳優)
坂下誠(柔道選手)
山田恵諦(延暦寺253世座主)
岩見雅紀(アマチュア野球選手)
早崎修平(元バドミントン選手(日立情報通信エンジニアリング))
早川賢一(バドミントン選手(日本ユニシス))
末成由美(タレント、吉本新喜劇女優)
本郷宏樹(元ヤクルトスワローズ選手)
村西哲幸(元横浜ベイスターズ投手)
松本徹(元バドミントン選手(NTT東日本))
林遣都(俳優)
森本のぶ(俳優)
池坊専永(池坊第45世家元)
米富和郎(柔道選手)
細見直樹(元東京ヤクルトスワローズ捕手)
西田果倫(女優、モデル)
遠藤宏美(柔道選手)
間柴茂有(元日本ハムファイターズ投手)
高橋智隆(ロボットクリエーター、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授)

比叡山高校の主な部活動

・硬式野球部
夏の甲子園:出場


比叡山高校の情報

正式名称 比叡山高等学校
ふりがな ひえいざんこうとうがっこう
所在地 滋賀県大津市坂本4丁目3-1
交通アクセス 京阪石坂線坂本駅より徒歩約10分
電話番号 077-578-0091
URL http://www.hieizan.ed.jp/
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
学期 3学期制
男女比 6:04
特徴 無し

比叡山高校のレビュー

(1件)

親です。【保護者】
学力に合ったクラス分けの選抜試験が励みになる

2019年09月10日
ウチの子は、学力に合ったクラス分けがあると聞いてこの学校を選んだようです。
学力が違いすぎる人と一緒だとやる気がなくなってしまうと言っていました。
選抜試験に向けて勉強して、その成果を確認できるのが励みになったようです。
自分の学力がどのくらいなのかがはっきりとわかりますからね。
国立大は難しいと思っていましたが、先生の親身なサポートのおかげで予想以上に学力がついて合格できました。
仏教のことを知ることができたのもいい経験だったようです。
このレビューを3人中3人が評価しています